結婚したら雛人形はどうすればいい?

雛人形

嫁入り道具である雛人形。

では結婚したらその雛人形はどうすればよいのか
わからない人が多いのではないでしょうか。

●よくあるパターン

・女の子が産まれた時のために保管しておく
・実家で保管し、ひな祭りの時に飾る
・結婚した時点で捨てる
・結婚しても毎年自分が飾る
・処分する

このあたりのケースが多いのではないでしょうか。

高価でとても綺麗な雛人形です。
毎年飾るのに置いている人も多いでしょうね。

●販売店の意見

ここはプロの販売店さんに意見を聞いてみましょう。

結婚後の扱いは3つの選択肢があるそうです。

・結婚しても毎年自分が飾る

自分がずっと飾るパターンですね。

結婚してからも自分の厄祓いのために飾るのも
よいそうです。

・実家で保管し、ひな祭りの時に飾る

実家に置いておき、ご両親があなたの厄祓い
のために毎年飾る方法です。

ご両親にとっては子供の厄祓いや成長、健康を
願う気持ちは変わらないわけですから、
この方法も良いですね。

・処分する

基本的にはその人の魂が人形に入っているので
生前は処分はしない方が望ましいそうです。

ただ事情があって保管できないこともあるかと
思うので、その場合は供養してから処分すると
いいそうです。

●してはいけないこと

実は雛人形は「一人にひと飾り」が基本だそうです。

あくまで一人の女の子のためのものです。

そのため、結婚して女の子ができても、
引き継ぐことはできないのです。

魂が人形に入るという考えなので、
引き継ぎはできないと覚えておきましょう。

以上、結婚してからの雛人形の扱いについて
まとめてみました。

取り扱いに困っている人は、ぜひ参考に
してみてください。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り