海外ではバレンタインデーはどうしてるの?

バレンタインデー 海外

日本ではバレンタインデーの日に女性が男性に
チョコを渡すのは当たり前ですよね。

でも海外では事情が違っているようです。

そのあたりを調べてみました。


●日本は特殊

日本では洋菓子店のモロゾフが2月14日に
特別なチョコレートを販売したことが
きっかけと言われています。

またソニープラザが女性をターゲットに
チョコレートを販売したと言われています。

日本では洋菓子店の施策が広まったことで、
女性が男性にチョコレートを贈る習慣が
根付いたようです。


●アメリカでは

アメリカでは男性が女性にプレゼントを
渡す日になっています。

チョコレート以外にもバラやジュエリー、
また素敵なデートなど、プレゼントも
様々です。


●イギリスでは

イギリスの場合、バレンタインデーは恋人同士
がプレゼントを交換する日になっています。

また告白するチャンスの日でもあります。

プレゼントは一般的にはバラの花束ですが、
ジュエリーやデートに誘うこともあります。

また日本の「義理チョコ」のように友人関係
でもプレゼントをすることもあります。


●フランスでは

フランスではバレンタインデーに男性が
意中の女性に花束を渡します。

しかし一見ロマンチックに見えるフランス人の
男性でも花屋に入るのは恥ずかしいらしく、
短時間で買える花屋でしか買わないそうです。

また恋人同士の愛の確認日でもあり、
街中はデートをするカップルで
いっぱいになります。


●イスラム圏では

イスラム教の国々では法律でバレンタインデー
を禁止しているようです。

ただ実際には恋人同士でプレゼント交換をして
イベントを楽しむ人が多いとのことです。


●中国では

中国では男性が女性をもてなす日に
なっています。

男性は花束とプレゼントを買い、豪華なデート
もセットでプレゼントしないといけません。

さらにバラの色や大きさ、本数、トゲの有無で
意味が変わるそうなので、中国の男性に
とってはバレンタインデーは大変な日かも
しれません。



以上、海外のバレンタインデー事情でした。

各国で少しずつ違っていますが、日本だけが
特殊なことがわかりますね。

もし外国の方が恋人だったり身近にいたら、
これを参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り