ひな祭りに食べる行事食とは?

ひな祭り 行事食

日本の風習として行事食というものが
あります。

お正月はおせち料理、土用の丑の日はうなぎ、
十五夜は月見団子など。

ひな祭りの場合は三色の菱餅やひなあられを
思い浮かべますよね。

ではひな祭りの行事食にはどのような意味が
込められているか、調べてみました。

●菱餅

菱餅は、鮮やかな緑・白・桃色の三色です。

ひな祭りの起源は古代の中国ですが、中国では
3月3日の「上巳節」にお餅が食べられていました。

それが日本に伝わった際には邪気を祓うよもぎが
食べられるようになりました。

江戸時代になると菱の実から作られた白い餅が
加わって現在の菱型になりました。

さらに明治時代にはくちなしを入れた
桃色の餅が加わり、現在の菱餅になったのです。

よもぎの緑は厄除けと健康、菱の実の白は
清浄、子孫繁栄、くちなしの桃(赤)には
魔除けの意味が込められています。

●ひなあられ

江戸時代はおひなさまに綺麗な春の景色を
見せてあげる「ひなの国見せ」が流行り、
一緒にあられを持っていったことが由来と
されています。

ひなあられには関西と関東で違いがあります。

関西のひなあられはもち米を1cmくらいに
して醤油など味付けしたものですが、

関東ではお米を膨らませて砂糖で甘く
味付けし、食紅で色付けしています。

関東のひなあられの方が粒が大きく
なっています。

●白酒・甘酒

白酒も邪気を祓うとされ、江戸時代から
ひな祭りに飲まれてきました。

白酒は蒸したもち米にみりんと焼酎を
混ぜて作られます。

甘酒は酒粕を含むアルコールの入った
ものと、アルコール度数1%未満の
「一夜酒」があります。

●ちらし寿司

ちらし寿司は平安時代からちらし寿司に似た
色鮮やかで縁起のよい具材を入れたものが
食べられてきました。

現在のちらし寿司でも海老は”長生き”、
豆は”健康でまめによく働く”、
など正月のおせち料理のように縁起のよい
具材が集められています。

以上ひな祭りに食べられる行事食の意味を
ご紹介しました。

縁起がよく、色鮮やかで見た目がいいもの
ばかりですね。

美味しくいただいてひな祭りを楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り