知って得する、美味しいカニの見分け方!

美味しいカニの見分け方

冬の味覚といえばカニですよね。

スーパーやデパート、鮮魚店などで購入する際、
美味しいカニの見分け方ができますか?

せっかく贅沢な食材ですから、新鮮で
身の詰まったカニを購入したいですよね。

そんな時のために、見分け方を
ご紹介しましょう。


●腹の裏側を見せて陳列している

蟹は甲羅を上にして置くと蟹ミソが
身の中に入ってしまいます。

スーパーなどでは見た目がいいので
甲羅を上にして並べていますが、
いいお店では腹を見せて並べてあります。


●腹の色を見る

腹の色で身の入り状態がわかります。

腹の色が真っ白だと、脱皮して間もないので
身が少ない状態です。

色はやや褐色がかっているくらいが理想です。

あまり色が悪いと鮮度が落ちている可能性が
あるので注意しましょう。


●腹の匂いを嗅ぐ

腹の匂いを嗅いで、甘い磯の香りがすれば
新鮮です。

鮮度が落ちていると匂いがありません。

またアンモニア臭がするものは傷んでいるので
食べてはいけません。


●足を押してみる

足の太い部分を押せば簡単に身の入りが
わかります。

凹む場合は身が小さい証拠です。


●甲羅の状態

甲羅は固い方が身が詰まっています。

またツヤのある甲羅を選びましょう。
乾いた甲羅だと、茹で過ぎているので
身が固くなっています。


●重さを確認する

持ってみて重たい場合は身が詰まっています。
持つ際は必ず店の許可を取りましょう。

冷凍ものは氷の重さもあるので
判断はできません。



いかがでしょうか。
美味しいカニの見分け方はとても簡単なのです。

これを参考にすると、お店で新鮮なカニを
探すのが楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り