2月に美味しい旬の魚は?

2月 旬の魚

今回は、この冬に美味しい旬の魚をご紹介します。

海水温の冷たい冬の海は魚に脂が乗り、
旨味が倍増します。

栄養もアップ、味も美味しい旬の魚で
料理をしてみましょう。



●フグ

贅沢な冬の味覚食材。

特に2月頃までは産卵時期のため、身や白子
は旨味が増しています。

フグはタンパク質はもちろん、お肌によい
コラーゲンが豊富で、高血圧によいタウリン
も含んでいます。


●タラ

12月~2月までは脂がのっていて美味しく
なります。

淡白な白身なので揚げ物との相性がよく、
鍋料理にも適しています。

タラの皮にはコラーゲンがたっぷりですよ。

マダラの白子はコクがあり高級食材に
なっています。


●ブリ

様々な呼び名がある出世魚。

春の産卵に備えて脂がよくのっていて、
この時期は寒ブリとも呼ばれます。

養殖ものは年中食べることができますが、
天然ものの旬はまた格別です。

ブリは青魚の中でもDHAやEPAが豊富なので
血流を改善し、最近では認知症予防
にもよいとされています。


●あん肝

冬のフォアグラとも呼ばれる珍味です。

深海で生活しているため、栄養を肝臓に
蓄える特徴があり、肝は栄養満点なのです。

コラーゲンやビタミンAがたっぷりで
美肌効果や老化防止に役立ちます。

DHAも豊富で血流改善、記憶力向上にも
よいとされています。


●サワラ

夏以外は年中食べられる魚ですが、
回遊魚なので採れる地域で旬が変わります。

関西では春、関東では1月~2月になります。

淡白な白身ですが脂分が多く、特に刺身なら
トロッとした食感が味わえます。

栄養面では青魚に多いDHAだけでなく、
悪玉コレステロールを減らしてくれる
IPAも多く含んでいます。


●タイ

あまり知られていませんが、タイに一番脂が
のる時期は秋冬~2月なのです。

タイといえば春の桜鯛で知られていますが、
その時期は産卵直前で栄養がお腹の子に
吸い取られてしまっています。

その少し前の2月頃が最も旨味を感じる
時期なのです。



以上、2月に美味しい旬の魚をご紹介しました。

そういえば最近食べてない、という魚も
あるのではないでしょうか。

栄養が豊富で味も美味しい旬の魚を
今日の夕食にしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り