五節句について学んでみよう

節句

今回は日本文化の五節句について書いてみます。

みなさんはひな祭りやこどもの日は
ご存知だと思います。

これらは1年で5つある節句のうちの
二つの行事なのです。

節句とはどういうものなのか、5つの行事は
どんなものなのかをまとめてみました。



●そもそも節句とは

昔は季節の変わり目(節)に邪気が入って
くると考えられていました。

そこで季節の変わり目には厄祓いをしたり
五穀豊穣や無病息災を願ってお祈りをする
ようになりました。

この行事のことを節句といいます。

日付が奇数で揃っているのは、
古来中国では奇数が揃う日をめでたい日と
していたので、それが日本にも伝わったと
されています。



●五節句とは

1月7日(人日)

七草粥を食べて無病息災をお祈りする日です。

セリ、ナズナ、ゴギョウなどの七草は早春に
芽を吹くことから邪気を祓うと考えられています。


3月3日(上巳)

お雛祭りの日です。
女の子の成長をお祝いする日ですね。

昔は人の形をした紙を川に流して厄祓いを
していました。

それが平安時代に「ひいな遊び」として
人形になり、現代のひな祭りへと
受け継がれています。


5月5日(端午)

こどもの日です。
男の子の成長をお祝いする日です。

端午は5月はじめを意味する言葉になります。

もとは厄祓いの日でしたが、鎌倉時代や
江戸時代に武家の後継ぎとなる男の子を
5月5日にお祝いする行事へと
変わっていきました。


7月7日(七夕)

七夕の日です。
みなさん願い事を短冊に書いて笹の葉に
吊るしますよね。

起源は諸説ありますが、日本古来の秋の豊作を
祈る行事と、中国の星に祈りを捧げる乞巧奠
(きっこうでん)という行事が合わさったと
考えられています。


9月9日(重陽)

あまり知られていませんが、9月9日は中国では
特に縁起の良い日で、菊酒を飲んで邪気を祓う
風習がありました。

日本では宮中行事として行われています。



以上が五節句となります。

いかがでしょうか。日頃聞き慣れた行事にも
それぞれ意味があることがわかったと思います。

これらの行事を大切にすると、邪気を祓う
ことができ、良い1年を過ごすことができますよ。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り