あなたが厄年ならどう過ごす?厄除けについて知ろう

厄除け

みなさんは厄年を迎えたら不安になって
いませんか?

厄年の年は厄除けをすることで安心して
年を過ごすことができるのです。

今回はその厄除けについて書いてみます。



●そもそも厄年とは

厄年は、陰陽道に基いて不幸や災難に
遭遇することが多いとされる年齢を言います。

体力的にも社会環境の中でも変化が
起こりやすい年齢でもあります。

厄年は人生に3回あります。

【男性】25歳、42歳、61歳
【女性】19歳、33歳、37歳

特に男性は42歳「死に」、女性は33歳「散々」
が注意すべき年齢になります。


厄年は数え年で計算するので、

誕生日前は+2歳
誕生日後は+1歳

という計算式になります。

例えば1975年生まれの男性は2016年に
数え年では42歳となり、「本厄」に該当します。

「本厄」の前年を「前厄」、翌年を「後厄」
といい、前後の3年間は注意が必要です。



●防ぐための方法とは

厄年の災難から身を守るためには厄除けを
行います。

一般的な方法は神社や寺院で厄除け祈願を
してもらうことです。

元旦や旧正月、また誕生日や大安日などに
してもらいましょう。

ふだんからみなさんが行っている初詣、
豆まき、節句なども厄除けになります。

豆まきでは厄の象徴である鬼を追い出す
ことができますし、

正月のおとそは、厄年以外の人が口にした
盃で飲むことで厄祓いになると
言われています。

また長い物を身につけているとよいとも言われ、
プレゼントにベルト、ネックレス、マフラー
をもらうのもよいでしょう。


このように、厄年は身近な行事でも防ぐことが
できるので、気になる人は厄除けをしておきましょう。

ここでは一般的な厄年をご紹介しましたが、
神社や地方によって厄年が異なることがあります。

厄年は日常生活の戒めとして、気を緩めずに
年を過ごしてください。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り