豆まきは正しい方法があるのをご存知ですか?

節分 豆まき

節分には豆まきが行われますよね。

ご家庭で一大イベントになっているのでは
ないでしょうか。

この豆まきも、正しい方法で行わないと
福が来てくれないかもしれませんよ。

この機会に正しい方法を勉強して
おきましょう。


●なぜ豆をまくの?

節分は豆まきをして鬼を追い出しますが、
なぜ豆を使うのでしょうか。

豆は穀霊が宿る五穀とされており、神事には
よく使われる穀物なのです。

悪霊を追い払うのに最適なものと
されていたのですね。


●どんな豆がよい?

使う大豆は、炒り豆を使います。

生の豆だと芽が生えるので、再び邪気が
現れると考えられていたからです。

一般的には大豆を使いますが、東北地方や
その他一部の地域では大豆ではなく
落花生を使います。

落花生だと地面に落ちても実が汚れず
捨てずに食べることができるという理由から
使われています。


●豆まきの正しい手順

まずは夜まで神棚にお供えをしましょう。
なければタンスの上に白紙を敷いてお供え
しておきましょう。

鬼は夜にやってくるので、豆まきは夜に
行います。

家族全員揃ってから、はじめます。

豆をまくのは年長者が適していますが、
家族全員でまいてもかまいません。

窓を開けて「鬼は外!」と外に向かって
豆を撒き、

次に窓を閉めて「福は内!」と言いながら
撒きましょう。

窓の次は玄関です。玄関でも同じ手順で
行います。

玄関を開けて「鬼は外!」、
玄関を閉めて「福は内!」と言いながら
撒いてください。


●豆を食べる数

豆は年齢よりも一つ多めに食べましょう。
これは数え年の年齢にあたります。

豆を食べることで病にも強くなると
されています。

大人はかなりの数を食べるのが大変なので、
代わりに「福茶」を飲んでもかまいません。

福茶はお湯に梅干し、豆3粒、塩昆布を
入れたものになります。


以上、節分の正しい豆まきの方法を
ご紹介しました。

由来や作法を身につけ、たくさんの福を
呼び込みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り