節分をより楽しむために、由来を知ろう!

節分 由来

2月3日は節分の日。みなさんご家族で豆まきを
したり恵方巻きを食べるのではないでしょうか。

子供にとっても一年で楽しみな行事ですよね。

この機会に節分の由来や歴史を知っておくと、
より深く節分を楽しむことができますよ。


●由来や起源について

そもそも節分はいつから始まったのでしょうか。

古来日本では季節の変わり目には邪気が
入りやすいとされてきました。

1年に季節の変わり目は
「立春、立夏、立秋、立冬」の前日の
計4回あるのですが、中でも立春は
旧暦では新年とされていたために立春が
重要視されていました。

つまり立春の前日は昔の日本では大晦日だった
わけです。

古来日本では中国から伝わった大晦日の
邪気払い行事が習慣となっており、
その行事こそが豆まきだったのです。

昔の大晦日の行事として、現在まで習慣が
続いているというわけです。


●では恵方巻きとの違いは?

豆まきをする理由はこれでわかったと
思いますが、恵方巻きは豆まきとは
直接関係していないのです。

恵方巻きは縁起の良い歳徳神のいる方角を
向いて食べ、商売繁盛を祈ります。

豆まきのような邪気払いの意味はありませんが、
福を呼び込む行事として行われています。


以上節分の由来をご紹介しました。

最近はコンビニやスーパーが恵方巻きの
販売に力を入れているため、豆まきより
恵方巻きを食べる家庭が増えているようです。

節分は旧暦の大きな行事ですから、
福を取り入れて新年を気持ちよく過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り