恵方巻きの由来は?いつから始まった?

恵方巻き 由来

近年は節分に恵方巻きを食べる習慣が定着して
いますね。

でも、一昔前はこんな習慣はなかったように
思いませんか?

昔は豆まきだけしかしていないよ、って人も
多いと思います。

そこで今回は恵方巻きの由来について
調べてみました。


●始まりは江戸時代?

由来には様々な説がありますが、江戸末期あたり
に大阪では商売繁盛を祈って巻き寿司を食べて
いたとされています。

しかしあくまで花街だけの風習でした。

証拠となる文書としては、昭和7年
「大阪鮓商組合後援会」にて

“恵方を向いて無言で一本の巻寿司を丸かぶり
すれば其年は幸運に恵まれる”

という一文があります。

全国規模では広まっていなかったものの、
大阪では巻き寿司を食べる習慣が
一部で続いていたようです。


●きっかけはコンビニの企画

現在の恵方巻きブームは、
1983年のファミリーマートや
1989年のセブンイレブンなど、

コンビニ各社が節分に巻き寿司を販売する
企画を始めたことで広まっていきました。

商品名は各社で「丸かぶり寿司」や
「巻き寿司」と呼んでいましたが、
いち早く全国販売を開始したセブンイレブンの
「恵方巻き」が全国に広まり定着しました。

大阪の一部で続いていた習慣を、コンビニ各社が
上手く企画として始めたことで恵方巻きが
根付いた、というわけです。


なぜ近年恵方巻きが定着してきたのか、
これで由来が理解できたのではないでしょうか。

節分は豆まきだけでなく、恵方巻きを
食べてお願い事をしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り