2016年の恵方巻きの方角はどこ?

恵方巻き 由来

毎年節分になると、恵方巻きをある方角に
向いて食べる習慣がありますよね。

みなさんご家族で美味しい巻き寿司を食べ
ながらお願い事をしていることと思います。

2016年は恵方巻きを食べる方角はどちらなので
しょうか。

またその決め方についても調べてみました。



●2016年はどこを向く?

2016年は「南南東」です。

正式に言うと、陰陽五行説の
「南南東微南」になります。

これは「南と南南東の間」を意味していますが、
ほぼ南南東と考えてよいとされています。

2016年の恵方巻きは南南東を向いて食べて
ください。

無言で願い事をしながら、一気に全部食べる
ことで福を呼び込むことができると
言われています。



●そもそも恵方とは?

陰陽道において、その年を司る神様「歳徳神」が
いる方角のことを言います。

その年の最も良い方角、ということになります。
そのため恵方は「吉方」とも呼ばれます。

それが2015年だと「西南西」、2016年は
「南南東」、ということになります。



●恵方はどのようにして決まるの?

恵方は「干支の十干」という、干支や
陰陽五行説にもとづいた決め方をしています。

実は恵方というのは4つしかありません。

丙「南南東微南」
庚「西南西微西」
甲「東北東微東」
壬「北北西微北」

この4つの恵方が5年周期で巡回しているのです。

周期の順番は、

東→西→南→北→南

と決まっています。

つまり2015年は「西南西微西」、
2016年は「南南東微南」、
2017年は「北北西微北」という
順番で恵方が回ってくるのです。

陰陽五行説などと言うと難しそうですが、
すでに4つが決まっているのでわかりやすい
と思います。


以上が、恵方巻きの方角と決め方になります。

毎年決まっていたなんて知らない人も
多いのではないでしょうか。

恵方はその年の「歳徳神」がいる最も良い方角です。

困ったことがあれば恵方に向かって行動を
起こしてみると解決するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り