忘年会の挨拶を言わないといけない!そんな時の例文はこれ

忘年会 始まり 挨拶

年末は忘年会の時期。

立場によっては始まりの挨拶を言う人も
多いと思います。

急に幹事に指名された人もいるでしょう。

簡単な乾杯係、代表者としての挨拶など
様々な例があると思います。

そんな方に、忘年会の始まりの挨拶例文を
ご紹介しましょう。



・幹事による始まりの挨拶

「みなさん多忙な時期に忘年会に出席して
いただきありがとうございます。

本日の幹事は私○○課の○○が努めさせて
いただきます。
最後までどうぞ宜しくお願い致します。

お酒の注文などご要望は何なりとお申し付け
ください。

今宵は飲み放題となっておりますので、
存分に楽しみましょう。

それでは初めに○○社長よりごあいさつを
頂戴いたします。」



・代表者としての挨拶

「みなさん、今年一年も本当にご苦労様でした。

生産元の不況により先が見通せない中、
みなさん一人一人の努力のおかげで
1年を乗り越えることができ
本当にうれしく思います。

今年のように社員が一丸となって取り組む
ことができれば、必ず業績はついてくる
ものだと確信しています。

あらためてみなさんに感謝を伝えたいと
思います。ありがとうございます。

来年は新商品も発売となりますし、大きく
飛躍することが期待できるでしょう。

今夜は仕事のことは忘れ、心ゆくまで
楽しんでください。

本当にお疲れ様でした。」



・乾杯(1)

「それでは乾杯の音頭を取らせていただき
ますのでグラスをお持ちください。

皆さんご唱和をお願いします。
おつかれさまでした!乾杯!」


・乾杯(2)

「それではみなさんお待ちかねの乾杯に
移りたいと思います。

グラスの用意はよろしいでしょうか?

皆さんご唱和をお願いいたします。

今年一年のみなさんのご功労に敬意を表し、
更なる会社の発展を祈念いたしまして、

乾杯!」



以上、忘年会の始まりの挨拶例文でした。

大事なことは要点をまとめるてわかりやすく
することです。

また前向きな気持ちになるような言葉を
使いましょう。

忘年会の挨拶に困っている人は
参考にしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り