お歳暮を贈る際の注意点は?由来も調べてみた

お歳暮

年末はお歳暮の時期でもあります。

1年間お世話になった方へ、感謝の気持ちを
贈りましょう。

お歳暮の由来や贈る際の注意点について
まとめてみました。


●もともとの由来

お歳暮とは、年の暮れという意味です。

お世話になった方に贈り物を届ける習慣は
江戸時代からはじまったと言われています。

それ以前は嫁いだ分家が本家にお供え物を
持っていく習慣がありました。

さらに古来では神様へのお供えを年末に用意する
習慣もあったと言われています。

現在の理由は少し変わりましたが、いずれも年末に
このような行事があったのですね。


●いつごろ贈るのがよい?

お歳暮は基本は12月13日~12月20日までの
間とされています。

近年はやや早めの傾向になっていて、
11月末の発送で12月に入ると届くように
するケースも増えています。

12月中旬でもかまいませんが、あまり遅く
なると年末の忙しい時期に届いてしまうので
なるべく20日頃までに届くようにしましょう。

ただし、お正月の生鮮食品を贈る場合は
年末がよいでしょう。


●なにを贈ればよいか

贈り物を何にすればよいか皆さん悩まれると
思います。

どの先様にも無難な物を、と考えがちですが
相手の好みを考慮して選びましょう。

家族構成によっても変わってくると
思います。

人気の品物は、ビール・日本酒、洋菓子、
ハム、乾物・缶詰などがあります。



●のし紙は?

お歳暮ののし紙は、赤と金で蝶結び又は花結び
された水引を用意しましょう。

表書きは、水引の上中央に「御歳暮」、
水引の下中央に名前を書きます。

名前はフルネームです。やや小さめに書く方が
良い印象を持たれます。

楷書体で丁寧に書くのが基本です。



以上お歳暮についてまとめてみました。

感謝の気持ちが届くように、先様に失礼のない
お歳暮を届けましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り