おせち料理の由来やいわれについて知っていますか?

おせち料理 由来

お正月に家族みんなで食べるおせち料理。

当たり前の習慣になっていますが、そもそも
どのようにして習慣になったかは
知らない人が多いと思います。

この機会におせち料理の由来について
勉強しましょう。

●おせち料理の由来

起源は弥生時代にまで遡ります。

当時の人々が神様にお供えしたものを
料理として食べたものを「節供料理」と
いいます。

もとは収穫に感謝する節供料理だったのです。

その後平安時代に中国の暦で決められている
季節の変わり目である「節日」に、
宮中行事の料理として食べられました。

江戸時代に入るとその習慣が一般庶民にまで
広がり、いつの間にか節日の一番最初の
正月だけにおせち料理が食べられるように
なりました。

●それぞれの料理の意味

黒豆:

「まめ」は体が丈夫で健康をイメージさせる
言葉です。
一年中健康で過ごせるようにと願いが
込められています。

数の子:

数の子はニシンの卵。たくさんの卵が詰まって
いることから子孫繁栄を意味しています。

田作り:

豊作を願って小魚を田畑に撒いたことが
由来の田作り。
五穀豊穣を願った料理です。

伊達巻:

江戸時代に国内に広まった「カステラ蒲鉾」が
当時のおしゃれな人々である伊達者に似て
いたことで名づけられました。

栗きんとん:

栗は縁起のよい食べ物で、財宝のように
金運を得るとされてきました。

昆布巻き:

「喜ぶ」という語呂合わせから名づけ
られました。一家発展の願いが込められて
います。

紅白蒲鉾:

紅白の色は平和、めでたい色として
縁起のよい組み合わせです。

いかがでしょうか。

お正月に食べるおせち料理の由来を知ることで、
日本の伝統を感じながら食べれるのでは
ないでしょうか。

美味しいおせち料理とともに良い新年を
迎えてください。

 

我家では、2016年 おせち料理はオイシックスの
高砂2段重を頼みました。

12月30日の午前中に届く予定 (*^_^*)

 




 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り