サンタクロースの由来は?元の人物は誰なの?

サンタクロース

クリスマスの象徴でもあるサンタクロース。
赤い服を着て白い髭をたくわえていますね。

元のモデルになった人はいるのでしょうか。
それとも物語の登場人物なのでしょうか。

由来を詳しく調べてみました。

サンタクロースの由来は、4世紀頃の司祭だった
セント・ニコラスという人物のようです。

セント・ニコラスはふだんから貧しい人々を
助けていました。

ある時貧しい姉妹がいることを聞いたニコラスは
夜中にマント姿でその家の煙突から金貨を
投げ入れました。

すると偶然にも暖炉に干してあった靴下に
金貨が入ったそうです。

その後、ニコラスは342年の12月6日に
亡くなってしまいます。

修道女たちはニコラスの行動を引き継ぎ、
命日の前日の12月5日に貧しい家をまわって
食べ物を贈るようになりました。

それから18世紀になり、オランダ人の一人が
アメリカに渡った際にこの風習を伝えた
ことから、アメリカ全土で広まっていきました。

アメリカではクリスマスの12月25日に、
セント・ニコラスの発音がなまった
「サンタクロース」が贈り物を届けるように
なったのです。

これがサンタクロースの由来になります。

靴下にプレゼントを入れる風習も、あの
セント・ニコラスの行動から続いているのです。

本物のサンタクロースは、やはり心の暖かい
人だったのですね。

サンタクロース
 

 
パーティーグッズ・Uniton ユニトンブランド・クリスマス・サンタ衣装・コスプレ・仮装コスチュ…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り