意外に知らないクリスマスの由来とは?

クリスマスツリー

毎年12月25日は楽しいクリスマス。

でもみなさん由来や起源はあまり考えたり
しないですよね?

ぱっと思いつくのは、イエス・キリスト様の
誕生日のお祝いということくらい。

では実際はどうなのか調べてみました。

クリスマスは元々、ラテン語で
「クリストゥス・ミサ」といいます。

翻訳すると「救世主キリスト+礼拝」と
いう意味だそうです。

実は新約聖書には、キリストが誕生した日付は
書かれていません。
つまりイエス・キリストの誕生日はわからない
のです。

アメリカなどではクリスマスは「降誕」を
記念する日となっています。

このような生誕をお祝いする記念日は、
西洋では西暦345年には始まっていたそうです。

ただ由来は生誕ではなく、ローマで広まっていた
ミトラス教の祭日である太陽神の誕生日
(12月25日)がキリスト教にも伝わったと
いう説が有力になっています。

つまりイエス・キリストの誕生ではなく、
ミトラス教の祭神の生誕日である可能性が
高いというわけです。

これは知らない人に言ったら驚かれる
でしょうね。

ちなみに、クリスマスで装飾に使われる
ヒイラギもこの説と関係しています。

古代ローマではヒイラギは聖なる木として
崇められ、祭事には贈り物として使われて
いたようです。

ミトラス教の祭日がキリスト教徒にも
伝わったのと同時に、ヒイラギも伝わったため
装飾として使われているのです。

そして葉の緑と赤い実がクリスマスカラーと
なって定着している、というわけです。

いかがでしょうか。クリスマスの由来を知ると
面白いですね。

豆知識として誰かに話してみてください。
★豪華な10種類のオーナメントとLEDライトが付いたクリスマスツリー120cm★クリスマスツリー 12…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り