気になるインフルエンザの流行時期は?

インフルエンザ

毎年冬になるとインフルエンザが
流行する時期になりますよね。

一度かかってしまうと高熱や関節痛、腹痛など
ひどい症状が出て辛い思いをします。

今年はいつごろから流行するのでしょうね。
予測をしてみました。

またなぜ毎年広まるのか、その理由を
調べてみました。

今年も例年通り、流行しやすい時期は
12月頃と予測されています。

そのため11月中旬にはワクチンの予防接種が
開始されます。

今年はA型2種類、B型2種類の4種混合と
なっているようです。

予防接種を受けてしっかり対策をして
おきましょう。

さてインフルエンザはなぜ毎年流行する
のでしょうか。

まずインフルエンザウイルスが生息できる
環境は「低温+低湿度」です。

この環境でのみ生きることができるため、
毎年冬に活動が活発になるのです。

しかし疑問が残りますよね。
通常のウイルスであれば、一度ワクチンを
作れば全滅してしまうからです。

にもかかわらず全滅することなく毎年
流行してしまいます。

その理由は、変異にあります。

インフルエンザウイルスの場合、A型、B型、
C型がありますが、問題となるのはA型です。

このA型は毎年変異して新たなウイルスと
なって出現するため、一度作ったワクチンは
翌年には効かないのです。

そのため新たなインフルエンザとして
流行してしまうのです。

ワクチンはWHOが種類を予測して全世界で
作られるのですが、A型であってもウイルス株
まで正確に特定させないとワクチンの効果は
ありません。

平均のデータではワクチンが効果を発揮する
確率は50~60%くらいと言われています。

ワクチンが効く確率がそれほど高くないことも
流行してしまう原因となっています。

さらに流行の途中で変異して再流行する
パターンもあります。

このように、ウイルスを完全に消滅させる
ことは難しいのです。

今年も12月からは流行しやすい時期になるので
予防接種はもちろん、毎日の手洗いや
うがいを心がけましょう。

 
【第3類医薬品】イソジンうがい薬 250mL

 

徹底した対策をして、インフルエンザ期間を
乗り切ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り