ボジョレーヌーボーの種類は一つじゃない!?美味しいボジョレーヌーボーを購入するには

ボジョレーヌーボーの種類

テレビでよく取り上げられる、毎年11月に発売
されるボジョレーヌーボー。

この銘柄しか聞かないので1種類のワインだと
思っていませんか?

実はボジョレーヌーボーにはいくつか種類が
あるのでご紹介します。

まず、ボジョレーというのはフランスの
ブルゴーニュ地方南部にある地域のことを
いいます。

この地域ではガメ種という葡萄が栽培され、
ボジョレーワインの原料となります。

さらにこのボジョレー地域にも3つの地区に
分かれていて、生産されているワインの味が
それぞれ異なっているのです。

3つの地区のワイン銘柄は以下のように
なっています。

・ボジョレー
・ボジョレーヴィラージュ
・クリュボジョレー

この中では通常は格上のボジョレー
ヴィラージュをおすすめします。

見分け方はラベルを見ればすぐにわかります。
ラベルに「BEAUJOLAIS-VILLAGES」
と書いてあればボジョレーヴィラージュに
なります。

3つ目のクリュボージョレは「村名ボジョレー」
とも呼ばれ、広大なボジョレー地区の中の
限られた村で生産されるワインです。

日本では知名度が低く、一見過小評価を受ける
こともあるワインですが、通常のボジョレー
ヌーボーとは味が全く異なる高品質な
ワインなのです。

ただクリュボージョレであっても生産している
村は10あります。

ワインの味は土地や作り手によっても
変わるので、ワインに精通したお店で
クリュボージョレを購入するように
しましょう。

またこれはボジョレー、ボジョレー
ヴィラージュにおいても同様です。

しっかり吟味して生産者と契約しているお店を
選ぶことが、美味しいワインを手に入れる
コツなのです。

いかがでしょうか。ボジョレーヌーボーの
種類と上手に購入するポイントについて
ご紹介しました。

11月の解禁日には、これらの情報をもとに、
美味しいワインを選んでみてください。
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2015 750ml

※ ボジョレーヌーボーとボージョレー・ヌーボー
テレビではボジョレーヌーボーが多いようなので
そちらに合わせて書いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り