時間に追われるように歩いた前回の山登り


今年も残りあと1か月少々となりましたが、私の趣味の山登りも
そろそろ山おさめの時が近づいています。先日あまりにも12月の
予定が立て込んでしまい、決めていた山行の日も少し不安定
だったため、念のためいつ今年最後になってもいいように
天気のいい日を選んで単独で近郊の山を縦走してきました。

思えば、車でばかりいっていたその山へ初めて公共交通機関を
利用して2年前に同じコースを歩いたときと同じコースにしました。
理由は少々体力的にはしんどいものがありますが、
道に迷うことはなく、一度歩いているためにコースタイムの計算も
必要ないということからでした。

しかし、とにかくそのコースは20Km以上あるし、標高差も
1000mくらいはありますので楽な行程でもありません。
なので初めて歩いてからも何度か行こうかなと思ったことも
ありましたがきついのでそのたびに敬遠してきたコースです。

しかし、今年も終わりということを頭に入れみるとそのぐらいは
歩いておきたいと思い、それと同時に全盛期と勝手にじぶんで
思い込んでいるその2年前とどの程度体力的にも時間的にも
変わっているか検証してみるチャンスと捉えて、少々しぶしぶ
ながらも朝から2時間以上電車とバスを乗り継いで人里離れた
山の奥にバス停がある登山口まで辿りつきました。

バスは紅葉シーズンともありなかなか混んでいて、駅から1時間
くらい乗るので1,2しか空いていない席にラッキーとの思いで
座ることができました。その日の行程を考えてみますとそこで
体力を使うわけにはいきませんので正直ほっとしました。

ほかの方々が準備体操なんかをしているなか私はそそくさと
登山口へ向けて歩き出します。まずは1000mくらい一気に
登らなくてはなりませんのでそこまでが最初の勝負です。
頂上まではだいたい目標としていたタイムで登頂し、
そこからながいながい縦走がはじまります。

目の前にその山地で一番高い山を見ながら、次はそこまでどれだけ
時間を縮めながら歩くことができるかの勝負がはじまります。
山道は一直線に水平な道を歩くわけにはいきませんのでその間にも
登ったりを降りたりを繰り返しながらその最高峰の山には
10分くらい目標タイムを早回り、到着しました。

とまあ、結局歩いてみると前回よりも疲れはなく、最後の最後は
周りの人からひんしゅくを買ってしまうような感じでほとんど
走っていましたがおそらく2年前に乗った同じ時刻のバスに
乗ることができました。

普段はあまり走るのは好きじゃないのですが、バスを待ちたく
なかったのでしょうがなく今回は走りました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り