2015年のボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?由来は?

ボジョレーヌーボー

毎年11月といえば、ボジョレーヌーボーの
解禁がありますね!

楽しみにしている人は多いのではないで
しょうか。

ワインをあまり飲まない人にとっては、
どうして毎年メディアで報道されるのか
不思議ですよね。

今年の解禁日と、ボジョレーヌーボーの
由来について調べてみました。

まずは解禁日ですが、今年は11月19日(木)の
午前0時になります。

解禁日は11月の第3木曜日と決まっているので、
今年は11月19日になります。

実は販売開始の日を決めることはメリットが
あります。

もし販売の日が自由であれば、人気のボジョレー
ヌーボーを他社よりいち早く売ろうと、
メーカーは品質の悪いワインでも販売して
しまうのです。

それを防ぐため、毎年販売開始の解禁日を
決めているのです。

ではボジョレーヌーボーの由来について
書いてみます。

そもそもボジョレーとはフランスの丘陵地帯の
地名です。

パリから東南にあるブルゴーニュ地方に
あります。

土壌は黒ぶどうの「ガメ種」がよく育つ特徴が
ありワインの生産に適しているのです。

そのボジョレー地域で夏に一番早く収穫した
ぶどうをボジョレーヌーボーとして
新酒にしています。

村ではその年のぶどうの出来栄えが確認できる
目的のため、新酒のワインとして造ることに
なったそうです。

そのため熟成期間はほぼありません。
深みのある味わいのワインとは異なっています。

味はライトでフルーティーな魅力が特徴です。
ぶどうの収穫をお祝いするためのワイン、
として楽しみながらいただくのがいいでしょう。

以上がボジョレーヌーボーの由来と
解禁日になります。

今年はどんな仕上がりになっているのか、
11月19日を楽しみに待ちましょう。

 

※ ボジョレーヌーボーとボージョレー・ヌーボー
テレビではボジョレーヌーボーが多いようなので
そちらに合わせて書いています。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り