意外と知らない11月3日 文化の日の由来

文化の日

11月3日は文化の日ですね。

昔からある国民の祝日でありがたいお休み
なのですが、なぜ11月3日になったのか、
また由来が気になりませんか?

そこで、制定された理由や文化勲章との関連を
調べてみました。


実は、1946年に日本国憲法が公布されたことが
きっかけなんだそうです。

日本国憲法の平和を象徴して、文化の日と
名付けられました。

ここで、一つの疑問が出てきます。
では5月3日の憲法記念日とはどう違うので
しょうか。

憲法記念日は、日本国憲法が施行されたことを
記念して作られた祝日です。

施行とは、実際に運用が始まるという意味です。

一方文化の日は日本国憲法が公布された日。

公布とは、国会で可決した法案を、国民に
知らせることです。

11月3日に日本国憲法が公布され、5月3日に
施行されたというわけです。

つまりどちらも日本国憲法を記念する
祝日だったのですね。


ということで、文化の日はどういうものかを
説明するなら、戦後の平和な日本を築くための
憲法が作られた日、というのが
適切ではないでしょうか。

さらに憲法が運用された日を憲法記念日、と
説明すれば完璧だと思います。

なお文化勲章については、日本国憲法成立以前の
1937年から宮中で親授式が行われていましたが、
文化の日が制定されてからは11月3日に
行われるようになったとの事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り