ベジタリアン焼きそばの作り方


今日は久しぶりに家で焼きそばをつくることにしました。
先日かなり生鮮食品を買いこんでしまい、どんどん使っていかないと
ダメになってしまう食材が多いのですが、焼きそばにはにんにくを
使いますので、なるべく外出しない日を考えてつくることにしています。

しかも、今週は週末に山登りへいこうと考えいます。
それならば、もう少し、考えて買い物をしてくればよかったのですが、
ついつい買い物をしている最中はそうしたことにあまり頭が
まわらなくなってしまいがちになるので、やっぱりこまめに
買い物するのがよいなあと感じました。

それなので、今日は焼きそばをつくるにあたって、一つ大事なソースを
切らしていたので、仕事の帰りにわざわざ近所のモールにまで
足をのばしてカルディで買い物をしてきました。

そのソースはキーカップマニスというあまり醤油のたれといったもので、
原産国は確かインドネシアだったと思います。
日本のしょうゆのようにさらさらしているのではなく、
ブルドックソースのようにどろっとしているのが特徴的です。

以前はそれをわざわざ中華街まで行って、瓶に入ったものを購入していましたが、
最近はもっと小さいものですが、カルディやジュピターといった
コーヒー豆の売っているお店で見つけることができましたので
そこらへんで買うようにしています。

普通まるちゃんの焼きそばならソースがついているのでそれを使えば
いいと思いますが、私が作る焼きそばはベジタリアン使用のものですので、
知人のオーストラリア人からもらったレシピ本に載っている作り方で
いつもつくります。

本当にそのレシピどおりつくると結構大変なのですが、最近はざっと
自分なりにアレンジしながらそのレシピを活用しています。

入れる食材は、白菜、青梗菜、厚揚げ、玉ねぎ、にんにく、生姜です。
まずはじめにたまねぎ、にんにく、生姜を炒めて別にしておきます。
そのあと白菜に青梗菜を炒めますが、その量が半端でないので一苦労します。

その後、本当は厚揚げをキーカップマニスに漬けておくのですが、
最近はこの工程面倒なので省いて、ただフライパンで厚揚げを焼きます。
その後、焼きそばをそのままフライパンに入れ、しょうゆにキーカップマニス、
ブルドックソースで味をつけます。この時に水をいれないのがコツです。

とまあ、こんな感じで美味しい焼きそばの完成なのですが、
この日記を書いているときに思い出したのですが、そういえば、
昨日の夜に作った料理があったので、うーん悩んでしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り