ハロウィンの由来は?なぜ日本でも広まった?

ハロウィンの由来

ここ数年は、ハロウィンが仮装イベントとして
日本でも定着しましたね。

毎年渋谷の交差点を仮装した人たちで
あふれかえっている映像がニュースで
流れています。

そもそもハロウィンとはどんな由来で
行事が行われるようになったのでしょうか。

由来と、日本で広まった理由を調べてみました。


ハロウィンは、古代北ヨーロッパのケルト人が、
収穫祭として行っていました。

当時の1年の終わりである10月31日に、悪霊が
畑を荒らしてしまうと考えられていて、
その魔除けとしての行事だったのです。

かぼちゃの提灯は恐い顔にすることで悪魔を
追い払い、お化けの仮装は悪魔と同じ格好を
して気づかれないようにするためだった
と言われています。

その後ケルト人を支配したカトリック系民族
によって行事は引き継がれていきました。

キリスト教では、11月1日に祝われる
「諸聖人の日(万聖節)」の前夜行事として
定着しました。


日本ではじめてハロウィンのイベントを
取り入れたのはディズニーランドでした。

1997年に仮装イベントを行い、人気イベントと
なりました。

ただここ数年は、若者の間で仮装する部分だけが
フューチャーされてしまい、仮装パーティー
の日として認知されることになりました。


以上が由来と日本で広まった経緯です。

ハロウィンで仮装を楽しむのはよいことですが、
あまり騒がず節度を守って楽しんでもらいたい
ものですね。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り