秋雨前線はいつまで続く?梅雨前線との違いは?

秋雨前線の時期

毎年9月に入ると長雨になります。
天気予報で聞く、秋雨前線が来る時期なのです。

やっかいな長雨はいつまで続くのでしょうか。

一方春にも梅雨前線がありますが、こちらは
どう違うのでしょうか。

それぞれについて調べてみました。

●秋雨前線はいつからいつまで?

秋雨前線は毎年8月下旬~10月まで雨の日が
多くなる期間を指します。

日本列島は真夏の間、太平洋高気圧に覆われて
います。

しかし9月に入ると、北の日本海にある
冷たく乾いた高気圧が、日本列島上空の温かく
湿った太平洋高気圧を南へ押し下げて
しまうのです。

この南北二つの高気圧の境目では、積乱雲や
乱層雲が発生しやすくなり雨を降らせるのです。

10月まではこの二つの高気圧の配置が続くため、
境目の真下にある日本列島は雨が続くという
わけです。

10月後半になると、日本海にあった冷たい
高気圧が日本列島の上空の温かい太平洋高気圧
をさらに押し下げるので、秋雨前線は南下し
弱まって消えていきます。

梅雨明けのようなはっきりとした終わりはなく、
徐々に雨の日が少なくなることも特徴です。

ただ秋雨前線の場合は北にある高気圧は乾いた
高気圧なので、雨量は梅雨よりも少なく
なります。

●梅雨前線とは?

もう一つの梅雨前線は6月~7月上旬にかけて
現れます。

こちらも同じく南北二つの高気圧がぶつかり、
境目が日本列島上空に停滞することで雨が多い
時期になります。

梅雨前線の場合は二つの高気圧がどちらも
湿った高気圧なので、雨量が多いことが
特徴です。

そして気象庁から梅雨明けが発表されるように、
前線が日本列島から離れる時期ははっきりと
しています。

●まとめ

秋雨前線のポイントをまとめると、

・期間は8月下旬~10月まで
・雨量は少ない
・徐々に前線が弱まる

このような特徴があります。
この時期に家族旅行などお出かけの予定が
ある方は天気予報に注意しましょう。

 
【無償修理対象】 黒ネコ裾柄 かわいい 60cm ジャンプ傘 (黒)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り