ちょっとしたコツで美味しくなるサンマの焼き方

サンマの焼き方

秋が旬の魚といえばサンマですよね。塩焼きで
食べると絶品です。

しかし身がボロボロになったり、内臓に火が
通らなかったりと、失敗も多いようです。

焼き方次第で見た目も味も変わって
しまうのです。

そこでグリルとやフライパンでの
上手なサンマの焼き方をご紹介しましょう。

●グリルの場合

・臭みと取るために塩を振ります。
サンマ1匹に対して小さじ1杯程度。高い位置から
塩を振ります。

あまり長くは置かず、10分待てば臭みのある
水分が出るのでしっかり拭き取ります。

・皮に斜め格子状に切り込みを入れます。
グリルで皮がボロボロになりにくく、火の通りも
早くなります。

・大きい場合は半分に切ります。
切り方は内臓を避けて斜めに切ります。

・グリルはくっつかないよう、あらかじめ
油をつけておき、少し温めておきます。

・片面ずつ数分焼いて、目が白くなったら
できあがりです。

●フライパンの場合

・フライパンでも同じく、初めに塩を振り
臭みを取ります。
出てきた水分はしっかり拭き取りましょう。

・クッキングシートをフライパンに敷きます。
フライパンからクッキングシートがはみ出ると
火がつく恐れがあるので、出ないよう
内側に折ります。

・パリっと焼くためにフタはしません。
片面ずつ数分焼いて、目が白くなればできあがり
です。

クッキングシートに脂が溜まる場合があるので、
その場合は食べる前に拭き取るか、片面を焼いた
後にクッキングシートを変えましょう。

どちらもちょっとした工夫で上手に調理が
できます。

サンマの美味しい焼き方を実践して、旬の味覚を
楽しみましょう。

 

 

こんがり庵 お手軽魚焼パン ガラス蓋付 KM-8767

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り