今どきの非常食はバリエーションが豊富


東日本大震災以降、災害への意識が全国で
高まっています。

地震への備えとして非常食を買っておくのは
大切なことですよね。

一昔前の非常食といえば乾パンでしたが、最近は
様々な商品が売られていて、ほとんどの商品が
5年間は保存できるように作られています。

・発熱剤入りおかゆ
値段は高めですが、災害時に温かい食べ物が
食べられます。

・レトルト白飯
水を入れると柔らかくなる白飯です。非常食用の
カレーがあればカレーライスになります。

レトルト商品は種類が多く、チキンライスや
カルボナーラ、ハンバーグ、おでんなども
あります。

・パンの缶詰
乾パンではなく、ふっくらとした美味しい備蓄用
のパンです。口コミでも美味しいと書かれている
商品がたくさんあります。

・缶詰
どんな缶詰でもよさそうですが、缶詰は味が濃く
口に合わない商品もあります。

普段から食べていたり好みの味の缶詰を選ぶこと
が大切です。

それ以外にも日持ちするお菓子も役立ちますし、
もちろん水も必要なのでペットポトルを
買いだめしておきましょう。

水は大人1人で1日2リットルは消費します。
もし5人家族なら3日分だけでも15本は用意する
必要があります。

これらの商品を備蓄しておき、賞味期限が
切れる頃に買い換えるとよいでしょう。

またガスも止まることを想定してカセット
コンロとカセットボンベを用意して
おきましょう。

カセットコンロがあれば温かい食事をとる
ことができ、精神的にも落ち着けると思います。

この機会にご家庭の非常食を見直し、災害への
準備をしてはいかがでしょうか。

 

5年保存の非常食・防災グッズを7日分・35種類・50品をセットにした【7日間満足セット】
 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
損切り